学会概要

正式名称

公益社団法人日本母性衛生学会(Japan Society of Maternal Health)


研究領域

母性の健康に関連する医学、看護学、保健学


学会の目的

すべての女性の健康を守り、母性を健全に発達させ、母性機能を円滑に遂行させるために、母性衛生に関する研究、知識の普及、関係事業の発展をはかり、もって人類の福祉に寄与する。


主な事業

  1. 学術集会の開催
  2. 機関誌の刊行......「母性衛生」を1年に4号発刊
  3. 母性保健事業に対する援助
  4. 関係諸団体との連絡及び提携
  5. 学術優秀賞及び学術奨励賞.......会員の優れた論文に対して学術優秀賞及び学術奨励賞を授与

定款

定款はこちらから


会員数と会員構成

会員数 4,710名 (平成28年3月31日現在)

会員構成
医師………14.90 %
助産師……71.85 %
看護師……5.01 %
保健師……0.85 %
その他(栄養士、養護教諭等)……7.39 %


入会資格

当学会の目的に賛同し所定の手続きを経た者


会費

入会金 : 3,000円
年会費 : 10,000円
注)学会参加費は別納


会員の特典

                    
  1. 代議員の選任及び代議員選挙に立候補すること
  2. 学術集会における研究発表
  3. 機関誌の頒布を無料で受ける
  4. 定款第16条第8項に規定された社員の権利を、社員と同様にこの法人に対し行使することができる

代表者名・所属

池ノ上 克
宮崎大学 学長


学会事務局

〒135-0031 東京都江東区佐賀1-11-11 東海永代ハイツ406
TEL: 03-3820-2117 FAX: 03-3820-2118


入会方法

郵送、FAXまたはメールで住所・氏名・連絡先TEL・職種と入会希望を記して送付して下さい。

詳しくは入会案内をご覧下さい。