総会報告

目次一覧へ戻る


平成24年度 第2回社員総会報告

日時

平成24年11月16日(金) 13:20~13:50 

場所

アクロス福岡1階シンフォニーホール

 

Ⅰ.開会


社員総数116名のうち会場出席者39名、委任状提出者1名、議決権行使書提出者59名に より本総会は適法に成立する旨が告げられ定刻に開会した。


Ⅱ.理事長挨拶


本学会は来年度の事業計画や予算に加え、公益法人の認可に向けた準備を進めており、活発な 議論をお願いしたい旨の挨拶があった。


Ⅲ.第53回日本母性衛生学会学術集会会長挨拶


多数の参加者がありスムーズに運営されていることが報告された。


Ⅳ.議事録署名人推薦に関する件


議事録署名人として秋田県の篠原ひとみ代議員及び山梨県の名取初美代議員が推薦され異議 なく承認された。

Ⅴ.報告


1.平成25年度事業計画書について
  資料に基づき説明があり理事会で承認されたことが報告された。

2.平成25年度収支予算書について
  資料に基づき説明があり理事会で承認されたことが報告された。   

3.定款施行細則などの改正について          
  資料に基づき説明があり理事会で承認されたことが報告された。

4.公益法人の認定について    
  顧問行政書士より、公益法人の認定申請の進捗状況について報告があった。


Ⅵ.議事


第1号議案:第55回日本母性衛生学会学術集会会長候補者に関する件                               
 議決権行使書59名分のうち賛成が58名であったことが報告された。それに会場出席者 の賛成を加え代議員の過半数に達し承認された。         

第2号議案:定款改正案に関する件              

 議決権行使書59名分のうち、会員の種別に関しては賛成58名であったこと、他の条項の改正案に関しては、59名の賛成があったことが報告された。それに会場出席者の賛成を 加え代議員数の3分の2に達し承認された。  


Ⅶ.学術論文奨励賞受賞者表彰


以下の論文が平成24年度学術論文奨励賞となり表彰された。      

 題:妊婦の唾液中の歯周病菌、その縦断的調査と臨床的意義     
 所属:秋田大学大学院医学系研究科保健学専攻     
 著者:成田 好美、兒玉 英也、篠原 ひとみ、吉田 倫子     

 機関誌52巻2号掲載


Ⅷ.第54回日本母性衛生学会学術集会会長挨拶


平成25年10月4・5日、大宮ソニックシティで開催する。会場へのアクセスも良いので、ぜひ参加いただきたい。女性の疾病への対策、食生活をテーマに考えている。

Ⅸ.第55回日本母性衛生学会学術集会会長挨拶


平成26年9月13・14日、幕張メッセで開催する。母子保健に関する諸問題へのチームでの 解決をテーマに考えている。


Ⅹ.閉会 


以上をもって13時50分に閉会した。