「健やか親子21(第2次)」の取り組み

日本母性衛生学会では、健やか親子21推進協議会の参加団体として、
本活動を推進しています!

「健やか親子21」は、2001年から開始した、母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動です。母子保健はすべての子どもが健やかに成長していく上での健康づくりの出発点であり、次世代を担うすべての子ども達を健やかに育てるための基盤となります。

母子保健を取り巻く状況
■少子化の進行
■晩婚化・晩産化と未婚率の上昇 ■核家族化、育児の孤立化等
■子どもの貧困
■母子保健領域の健康格差(小学生の肥満児の割合、3歳児のむし歯など)

第1次計画(2001~2014年)で悪化した指標は、次の2つでした。
1 十代の自殺率
2 全出生数中の低出生体重児の割合

「健やか親子(第2次)」では、10年後の目指す姿を「すべての子どもが育つ社会」として、すべての国民が地域や家庭環境の違いにかかわらず、同じ水準の母子保健サービスが受けられることを目指しています。2014年までの健やか親子21で掲げてきた課題を見直し、現在の母子保健を取り巻く状況を踏まえて3つの危難課題を設定しました。また、特に重点的に取り組み必要のあるものを2つの重点課題としています。

日本母性衛生学会と健やか親子21の関連する活動

  1. 日本母性衛生学会は、健やか親子21推進協議会の参加団体です。
  2. 参加団体56団体の中で、テーマグループ1「国民への普及・情報発信」に属し、2018年度は、多団体とも協力して、以下の4つの課題に積極的に取り組みます。
    ① 低出生体重児 ② 妊娠中・育児中の喫煙 ③ 十代の自殺 ④ 児童虐待
  3. 学術集会ならびに公開講座などを通じて、本活動を活性化します。

  4. 上へ戻る